« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月 6日 (木)

安めぐみのテーマ

水中、それは苦しい」というバンドがあって、そのライブのバックストリングスの一人として、出ます。7月15日(土)。
詳しくはオフィシャルサイトみてけろ。

一緒にやる曲は全部で6曲なのだけど、そのなかに「安めぐみのテーマ」という曲がある。
本人公認らしい。
面白いっすよ。ここで聴けます。よかったら是非。

安めぐみってどの人だっけ。
テーマを弾くのだから、顔くらい知っておかねば。。w
画像検索してみた
うーん。知らないな。
あ、ポケットバンク。知ってるかも。

以上、宣伝でした。
よかったら聞きに来てください、ライブ。

 

今日は茅場町にあるIBMの箱崎事業所に出張。研修で。
ぬるかった。
普通に定時終了。
近頃楽になってきたな。

新宿に移動。

スパゲティーNokishitaで夕食。
ここはちょっと高めだけど、おいしいし、目を見張るほどメニューが豊富。
割とよいですよ。

23時、新宿を後にして、24時帰宅。
お休みなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

ずらかる。

7月4日(火)の日記

残業4時間入れていたけど、作業ができなそうなので、すかさず取り消して帰宅。
19時、近所のみちお亭。初。
うな重は肝吸い、漬物、煮物、フルーツがついて2000円。
おいしかったしかなりお得だと思う。
満足感ありました。
店主もおかみさんも感じよいです。
20時帰宅して、だらだらと。
今に至る。
お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

24時にお邪魔します。

7月3日(月)の日記。
12時間寝て、8時に起床。
会社。
23時半帰宅。
24時から同じ社宅に住むTみた氏の家にお邪魔してビール。
1リットルずつ。
25時半再帰宅。
26時半まで長電話。
27時就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水中、それは苦しい

7月2日(日)の日記。
前日1時就寝のものの、明け方起きたり寝たりしたため、12時起床。
12時40分頃家を出て、13時30分頃中野。
ハルコロ・ホールにて、練習。
15日、水中、それは苦しいというバンドのバックストリングスをやります。
それの練習。

爆笑すること多々。
「カミングアウトの撤回」ってタイトルの歌とか。。
タイトルだけで爆笑だ。しかもアレンジが素晴らしい。
どうも、斎藤ネコさんという有名な編曲家の方が編曲されたようなのですよ。
素晴らしかった。

水中メンバーで、6年くらいの付き合いになる友人のセクシーパスタ林三君はなんだか、いつの間にやらバンドマンの空気を見にまとっていた。バンドマンの皆様とのやりとりとか、空気感がね。おお、っと思ったよ。
それにしても、ギターヴォーカルのジョニー大蔵大臣さんは面白すぎた。
ちょっとした合間の発言等、面白すぎた。
そして、笑顔。
素晴らしいと思う。
あんな笑顔今の僕にはできない。
やりたいことやってる人は輝いてる。
松屋でバイトしてても輝いてる。
安定なんて本当に必要だろうか。

17時半頃まで練習。
その後皆さんは飲みに行ったかどうかよく知らないが、僕はなぜか心身の疲労のピークだったので、直帰。
19時半、帰宅してちょっとごろっとしたら、そのまま寝てしまい、次の日の朝を迎えてしまった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とろとろのとろ

7月1日(土)の日記。

9時半起床。11時SEIYUで寿司を購入。
12貫パックの他、いわしだけのパックがあったので、それも購入。食べすぎ。
Wikipediaを調べたら、12貫というのは間違いみたいね。半貫が12個。

12時半昼寝。19時頃起床。

20時半頃、輪島
とろ。
今まで食べた中で一番すごいとろをたべた。
すごすぎた。
とろけた。
すごかった。
前回は絶品のいわしだった。
今回はとろ。
どちらも絶品。
輪島さんいつもありがとうございます。

あと、マスター、すごい素敵だった。
初めてきちんと話したかな。

22時半頃帰宅。
25時頃就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーフライデイ

6月30日(金)の日記。

残業しない予定だったのに、なぜか残業。。
22時半退社し、帰りに軽く一杯飲みたくなり、Tみた氏を誘うが、NG。
その後、同じ社宅に住む人を5人くらい誘ったところ、すべてNG。
しくしく。
あきらめてそのまま帰宅。
25時就寝。

そうそう、6月の時間外は59時間30分。
3月 30時間
4月 65時間
5月 90時間
6月 59時間
ふふふふふ。

やすませてくらさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »